最新ニュース

News

「SIRU+(シルタス)」サービス開始のお知らせ

〜3月29日より神戸市内のダイエー13店舗で導入決定〜

当社は、ポイントカードデータを栄養に変えるスマートフォンアプリ「SIRU+(シルタス)」の提供を2019年3月29日(金)から開始し、株式会社ダイエーが神戸市内で展開している13店舗(※)において、導入が決まりましたことをお知らせいたします。

SIRU+は「スーパーマーケットなどのポイントカードを登録することで、購買履歴を自動的に取り込み、栄養に変換して最適な食事を提案する」スマホアプリです。「食べたいものを食べて健康に」というコンセプトのもと、日常生活の一部である買い物から健康的な食生活を目指します。

2019年3月、スタートアップの新技術による将来的な市民サービス向上を目指す神戸市の実証事業「Urban Innovation KOBE +P」の第1号認定事業に採択されたことがきっかけに、神戸市でサービスを開始することとなりました。

(※)神戸三宮店、西神中央店、六甲道店、湊川店、名谷店、板宿店、神戸学園店、本山店、ポートアイランド店、灘店、新神戸店、六甲アイランド店、舞子店

<アプリの概要>

ポイントカードを連携して買い物するだけで、記録づけという手間をかけずに栄養バランスを知ることができます。栄養の偏りだけでなく食の好みやアレルギーなどを考慮して、個人の食生活に合わせた最適な食事を提案いたします。ざっくりと自分の栄養状態を知り、できる範囲で健康を目指す「頑張らないヘルスケアアプリ」です。

【2019年3月29日よりダウンロードスタート】

ダウンロードはこちら

<アプリの使い方>

2019年3月現在、神戸市内のダイエー13店舗にて、WAON POINTカードを提示してお買い物されたものが栄養に変換されます。

本お知らせのニュースリリース(pdf)

メディアキットはこちら(pdf)

メディアキットの素材はこちら(zip)



CONTACT