最新ニュース

News

藤枝市、静鉄、静鉄ストアと協定締結、 生活習慣病予防に向けた実証実験を開始

キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」を運営するシルタス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小原一樹、以下「当社」)は、静岡県藤枝市(市長:北村 正平)、静岡鉄道株式会社(本社:静岡県静岡市、取締役社長:今田智久、以下「静鉄」)、株式会社静鉄ストア(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:竹田昭男、以下「静鉄ストア」)と協定を結び、2月1日より生活習慣病予防に向けた実証実験を開始することをお知らせいたします。

− 実証実験の背景

 超高齢社会に突入する日本において、社会保障費や医療費、介護負担の増大が問題となる中、「健康寿命(※1)の延伸」が求められています。健康寿命を延ばすには、若いときからの生活習慣病予防が欠かせないと提言されており、個人での健康管理だけでなく、自治体や企業が協働して、市民が健康になるための取り組みがますます重要になっています。

 このような背景のもと、市の重点施策「健康」をテーマに、高血圧の改善に向けた取り組みを行っている藤枝市ならびに、地域の健康に寄与する取り組みを行っている静鉄、静鉄ストアと協定を結び、生活習慣病予防に向けた実証実験を行います。(※2)

 当社が開発し、2019年3月からサービスを開始している「SIRU+(シルタス )」は、キャッシュレス決済と連動し、買い物履歴から栄養の偏りを可視化、栄養バランスが整う食材やレシピをオススメするスマートフォンアプリです。初期登録の際にポイントカードを連携するだけで、自動的に購買履歴がアプリに取り込まれ、購入した食材を栄養分析します。そして、栄養の過不足や食の好みなどをアプリが学習して、最適な食材やレシピを提案。毎回食事を記録する手間が不要となり、買い物という日常生活のタスクを健康行動に変えて、“頑張らない”で健康に近づくことを目指します。

− 実証実験の概要

 静鉄が運営するポイントカード、LuLuCaしずてつカードを「SIRU+」に連携し、静鉄ストアが運営する、しずてつストア対象店舗で買い物していただくと、購買履歴から購入食材の栄養素を自動で分析します。アプリ上で不足栄養素を補える食材やレシピを提案することで、高血圧をはじめとする生活習慣病予防に向けた行動変容を促し、食生活の改善を目指します。

− 実証実験の詳細

■実証実験の目的:高血圧をはじめとする生活習慣病予防に向けた行動変容を促進し、食生活の改善につなげます

■実証実験時期:2021年2月1日~2021年2月末

■実証実験対象店舗:藤枝市内しずてつストア、駿河台店・岡部店・藤枝水守店・藤枝高洲店・藤枝駅南店

■実証実験対象者:藤枝市内しずてつストア従業員とその家族、藤枝市職員

■検証内容:実証実験前後の購買履歴を分析し、栄養摂取状況や、購入品目の変化を検証します。また、あわせて対象者にアンケートを実施し、健康意識や活動の変化を調査します。

<検証項目>

・実証実験参加者の栄養摂取状況、購買傾向の変化を分析

・実証実験参加者の健康意識の変化を分析

・SIRU+で得られるデータをもとに、下記の項目に関して変化の有無を検証

 (1)塩分摂取量 (2)カリウム摂取量 (3)野菜摂取量 (4)お弁当、総菜摂取量

(※1)2000年よりWHO(世界保健機関)が提唱している「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」

(※2)今回の実証実験は、関東経済産業局「自治体×ヘルスケア関連ベンチャー等共創プログラム」による伴走支援で行います

− 「SIRU+(シルタス)」について    

「SIRU+」(https://sirutasu.com/)はキャッシュレス決済と連動して買い物データを自動で栄養分析し、栄養バランスが整う食材やレシピを提案するスマホアプリ。繰り返し利用することで、食の好みをAIが学習し、ユーザーの食生活に合わせて最適な買い物を提案します。日常生活の一部である買い物から健康的な食生活を目指す「頑張らないヘルスケアアプリ」です。2020年4月より食材入力機能を追加し、対象スーパー以外で購入した食品なども登録できるようになりました。

【SIRU+のダウンロードはこちら】

iOSをお持ちの方

Androidをお持ちの方

【本お知らせのプレスリリースはこちら】



CONTACT